HOME > 作品一覧 > あ行 > 溺れる夜、秘する恋

溺れる夜、秘する恋 (オボレルヨルヒスルコイ)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 水戸 泉
イラスト 門地かおり
発売日 2015年8月19日
出版社 リブレ
レーベル B-BOY SLASH NOVELS
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-2640-2
定価 850円+税
あらすじ

「ああいうものと話をしてはいけないよ」常人ならざる力を持つ骨董品屋の店主・葛城征に、幼い頃からずっと恋をしている莢。でも征と莢は叔父と甥の関係。許されない恋に胸が苦しい夜、莢は異形の者に憑かれてしまう。そんな莢を強引に組み敷き、抱き始めた征。「悪いものを全部出してしまおうね」莢の身体をなぞる指は熱く濃密で、慎ましく閉じた蕾は淫らにとろかされてしまう。甘い愛撫で敏感に作りかえられた身体は、狂おしい程の征の求めに乱れ咲き…!

登場キャラ紹介

葛城 莢
(カツラギ サヤ)

「征さんを、愛している。ずっと昔から」
大学生。征は母親の弟。物ごころついた時に征に恋をし、将来は征と結婚すると本気で思っていた。その頃の反動からか、今は征に反発ばかりだが…?

 

葛城 征
(カツラギ セイ)

「いやらしいことをしている時だけ、莢は素直だな」
40代独身。表向きは骨董品屋の店主だが、正体は「祓い屋」。一族の中で突出した「力」を持つ。穏やかそうに見えるが、実際はかなりのクセモノ。

編集部からのコメント

叔父と甥の関係、よく似た見た目のふたり、異形のものに淫らに身体を弄ばれる夜…水戸泉先生がおくる禁断の濃厚エロスラブをぜひお楽しみください!!

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます