HOME > 作品一覧 > あ行 > 偽りに花は生まれし

偽りに花は生まれし (イツワリニハナハウマレシ)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 いとう由貴
イラスト 門地かおり
発売日 2016年8月19日
出版社 リブレ
レーベル B-BOY NOVELS
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-3034-8
定価 890円+税
あらすじ

 明治時代。東京で洋行準備をしながら充実した日々を送る義高の元に、郷里から男妾として遥が送られてきた。
必要は無いと追い返そうとした義高だったが、必死に取り縋って懇願する様子にほだされ渋々遥を側に置くことに。
しかし慣れた手管で夜毎義高に奉仕しながらも、いつまでも恥かしそうに抱かれる初心な遥に、義高は次第に心を傾け始める。
そんなある夜、絶頂で意識を失った遥を自室へ運ぶと、机の上に置かれた二人の情事が事細かに記された文を見つけてしまい――!?

登場キャラ紹介

内藤遥
(ナイトウハルカ)

芙蓉という名前で女の格好をして義高のところへ妾として訪れる。酷い扱いを受ける覚悟をしていたが、義髙が思っていたのと違い優しい人であることを知り…。

 

高津義高
(タカツヨシタカ)

最初は渋々遥を手元においたものの、慎ましやかで控え目な遥が可愛くなる。喜びそうな書物を買い与えては遥の表情に一喜一憂してしまう自分に戸惑う。

編集部からのコメント

高津家三男の義髙の元に、男妾がやってきた! 女よりも慎ましやかではかなげな遥を次第にに愛していく義高。
しかし、遥には何か義髙に隠し事があるようで…。最初からお互いがお互いを意識しているのに、自分の気持ちを伝えることが
出来ない遥の理由とは…?不幸な境遇でも懸命に生きる男の子に思わず涙が…!! 紆余曲折あって結婚した二人の新婚ストーリーもアリ★

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます