HOME > 作品一覧 > は行 > ファインダーの虜囚

ファインダーの虜囚 (ファインダーノリョシュウ)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 やまねあやの
発売日 2007年6月8日
出版社 リブレ
レーベル BE×BOY COMICS
ISBN/雑誌コード 978-4-86263-197-8
定価 571円+税
あらすじ

「まさか麻見が貴方を愛しているとでも思っているのですか?」飛龍によって香港にさらわれた秋仁。監禁され、陵辱されながらも思い出すのは自分のために傷ついた麻見の姿だった…。大人気ファインダーシリーズ第4巻! 特別大量描き下ろしアリ!!

登場キャラ紹介

高羽秋仁
(タカバアキヒト)

フリーカメラマン。日々スクープを追っている。どんな状況でも明るさと前向きさを忘れず、へこたれない。

 

麻見隆一
(アサミリュウイチ)

日本屈指の青年実業家。しかしその正体は裏社会の実力者。すべてが謎につつまれたミステリアスな存在。

飛龍
(フェイロン)

香港マフィア“白蛇(バイシェ)”のトップ。香港だけでなく大陸や近隣国への強い影響力を持つ。

   
編集部からのコメント

秋仁をかばった麻見は飛龍に撃たれ、そして秋仁は飛龍に香港に攫われて監禁されています。秋仁が思い返すのは麻見のこと――。
今巻の見所は、日本から離れた異国で麻見を想い涙する秋仁・秋仁を陵辱する飛龍・そして怪我をした麻見…この三人の気持ちの変化です。離れることで、そして近づくことでお互いへの思いに明らかに変化があらわれるのです。しかもそんな三人の背後で、ロシアンマフィアの影もチラついてきます。そして舞台は豪華客船へ! 息をつかせぬ展開に、読み終えた瞬間、肩に力が入っていた自分に気付きます(笑)。
また番外編では、ガラリと雰囲気の違うファインダーが読めちゃいます。秋仁が酔っ払い、麻見に絡み、更には秋仁から麻見に迫ってしまい…!? シリアスな本編と可愛らしいコメディの番外編。どちらもオススメです!

関連作品

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます