HOME > 作品一覧 > か行 > 片想いとパレード 前編

片想いとパレード 前編 (カタオモイトパレードゼンペン)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 みよしあやと
発売日 2013年8月10日
出版社 リブレ
レーベル BE×BOY COMICS DELUXE
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-1350-1
定価 629円+税
あらすじ

幼なじみの親友・鷹也に、長く、こじらせた片想いをしている東馬。
「あいつのお姫様になりたい」「俺のヒーローはあいつ」
乱暴な性格で口が悪いくせに、乙女思考回路な東馬は、好きといえず自分の恋心を自虐し卑屈な考えに傷つく毎日だった。
しかも、大学に入って、鷹也には彼女が出来た。鷹也の世話焼きと親密な親友としての接触は相変わらず。
サークルの先輩・米沢や謎の女も東馬に接近。とある変化が生まれ、片恋は、手酷く東馬を傷つけ始める――。
「それでも俺の世界は、お前の一言で満ちる」

登場キャラ紹介

百瀬東馬
(モモセトウマ)

ハーフで見た目はキレイ……なのに口も態度も悪いやさぐれ(!?)大学生。しかしその心は乙女的で、真面目な性格でもある。片想いが長すぎてすぐに卑屈な考えになる。

 

松尾鷹也
(マツオタカヤ)

東馬の幼なじみで、男の子らしいカラっとした性格(なのでニブく東馬の恋心には全く気づかない)。東馬のことを常に目にかけ心配している。

米沢なつき
(ヨネザワナツキ)

東馬と鷹也が無理矢理入らされた「何でも屋」サークルの先輩。ひょうひょうとした性格で本心が全く見えない。

 
米沢街子
(ヨネザワマチコ)

なつきの妹。とある目的で東馬に近づき、東馬の叶わない恋に強い影響を与えていく。

編集部からのコメント

等身大の生活を、等身大の口調で語り、等身大の恋をする、みよしワールドの男の子たち。今っぽくて、知り合いの中に居そう(笑)なのに、彼らの恋は繊細で傷つきやすく、かつロマンチックです。
今回の舞台は海の近くの大学。ずっと幼なじみに片想いしている東馬の「深い傷つき」「ガサツなのに乙女な思考回路」「ハッピーエンドの喜び」が最大の見所です。
「自分の体を切って小さくしちゃえば女の子になれるかな…」と、想い人・鷹也を見つめる東馬は、口も態度も粗暴な男(笑)。どんどん追い詰められていく東馬を見つめるサークルのヨネ先輩がキーマンとなり、片想いは思わぬ方向へ進みます。

関連作品

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます