HOME > 作品一覧 > ら行 > 梨園の貴公子 ~玉響~

梨園の貴公子 ~玉響~ (リエンノキコウシタマユラ)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 ふゆの仁子
イラスト 円陣闇丸
発売日 2015年10月19日
出版社 リブレ
レーベル B-BOY NOVELS
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-2695-2
定価 870円+税
あらすじ

「二人でいるときは孝匡と呼んでください」被写体よりも美人なカメラマン浅葱の恋人は、歌舞伎界の御曹司、名門常磐家の彦三朗こと孝匡。視線、声、表情とぞくぞくするほどの色気で自分を魅了する孝匡を、普段はとても年下だとは思えない浅葱。ところが、海外公演を前にベテラン役者に苦言を呈された孝匡は、些細なことから浅葱と口論に。偶然が重なり孝匡の海外公演先シンガポールで再会するも、孝匡は、喜ぶどころか独占欲のままに浅葱を…!?  

登場キャラ紹介

常磐彦三郎
(トキワヒコサブロウ)

本名、春日孝匡。歌舞伎の名門の御曹司。恋人である浅葱に、自分の弱さを見せたくない。仕事にも恋にも一途。

 

尾上浅葱
(オノエアサギ)

独特なセンスのポートレートを生み出す、若手実力派カメラマン。年下の恋人である常磐のわがままも独占欲も、愛しく思っている。

編集部からのコメント

歌舞伎役者としての成長を続ける常盤こと孝匡。彼が悩み迷う傍で、孝匡の支えになろうと浅葱も悩み成長する。このシリーズは毎巻、そんな二人の絆や愛の深さが進展していくところが楽しめます。それと同時に、表紙イラストのモチーフになる歌舞伎の演目、いろいろなお芝居の内容を知れるのも「梨園シリーズ」の楽しみの一つです。

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます