HOME > 作品一覧 > た行 > 天国にカンパイ

天国にカンパイ (テンゴクニカンパイ)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 ふゆの仁子
イラスト 六芦かえで
発売日 2012年11月19日
出版社 リブレ
レーベル B-BOY NOVELS
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-1217-7
定価 850円+税
あらすじ

友人に騙され借金のカタに自らの命を支払うことになってしまった男・天国(24歳)。そんな天国を買い取った男・暁光(暴力団系の幹部)。均整の取れた体躯の超美形、地位も名誉も何でも手に入る強運ゆえに人生に興味を失っていた暁光は、あらゆる悪運を掴まされてきた天国に興味を持ち、執着する。
仕事も与えられ、身体と引き換えに悪くない快楽を覚えこまされる日々は、天国にとって「不運」なのか「幸運」なのか!? オール書き下ろし♥

登場キャラ紹介

杉野天国
(スギノアマクニ)

両親を早くに亡くし天涯孤独で生きてきたが、とにかく運は悪くて、ついには友人に騙され多額の借金を背負うハメに。運の無い人生を生き延びてきただけあって、意外にタフ。順応力も高い。まじめで前向きな性格で、わりと周囲の人間に愛されるタイプ。

 

吉崎暁光
(ヨシザキアキミツ)

名門家庭に育ち、親の敷いたレールをひた走ってきた元エリート。本人曰く、たいした努力もせずに何でも手に入る人生に嫌気がさし、あえて道を踏み外した結果、暴力団幹部にのしあがっていたらしい。ちょっと日本人離れした、かなりな美形。

編集部からのコメント

とことんついてない男と、運が良すぎた結果、人生に飽きあきしちゃてた男が出会って――
というふゆの先生の「思いつき」から生まれたお話。
ポイントは、状況どうあれ、あくまで対等ないい男二人であること。カラダの関係上「受」「攻」ありますが、実に男前の主人公・天国(受)と、やることは派手で容赦ないけどちょっと流されな暁光(攻)はある意味対等。
そして、割と「割り切り」の早い主人公二人なので、カラダの相性はばっちりです♥

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます