HOME > 作品一覧 > た行 > タフ2 Valentine Kids

タフ2 Valentine Kids (タフ2Valentine Kids)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 岩本 薫
イラスト 高崎ぼすこ
発売日 2016年7月19日
出版社 リブレ
レーベル B-BOY NOVELS
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-3004-1
定価 1020円+税
あらすじ

凶暴かつ横暴、プラス傲慢な刑事、神蔵響。好奇心と向こうっ気だけは人一倍強い天然トラブルメイカーの平間シンゴ。
8年間の絶縁と過去の傷を無視するように、強引に距離を詰めてきた響は、事件の解決に助力した貸しをちらつかせ、シンゴの部屋に転がり込む。
抵抗しつつも拒み切れず、不本意な同居生活を続ける中、またまた起きた事件を通して二人の距離は縮まって…。
「なんて目ぇしてんだ……おまえ。口、開けろ」
熱い舌、熱いキス。どうしようもなくこの男に感じてしまうのは…なぜだ?

登場キャラ紹介

平間シンゴ
(ヒラマシンゴ)

グラフィックデザイナー。ロシアの血が1/8入っている超絶美人だが、中身はごく普通の青年。響と再会してからトラブルメーカーぶりを発揮する。

 

神蔵響
(カミクラヒビキ)

渋谷署中央署の刑事。不敵で強引な男。シンゴとは親友だったが、高校三年の夏、無理やりシンゴを抱いて決裂。以降、8年間、絶縁状態だった。

編集部からのコメント

ついにシンゴの家に泊まり込んだ響! すわ、シンゴ、貞操の危機!? 壁ドンされ、響からにじむ雄の迫力に気おされつつも、反発するシンゴだったが、かつての二人を知る友人・貴水に「そんなルックスで油断し切って、アイツに甘えてたアンタも悪い」と痛いところを突かれて…! 意識しないでいようとすればするほど響を意識してしまうシンゴ。はたから見てバレバレなシンゴの気持ちに振り回されつつ、心の距離を詰めていく響。二人の緊張感漂う関係をお楽しみください!

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます