HOME > 作品一覧 > た行 > つがいの半身 ~オメガバース~

つがいの半身 ~オメガバース~ (ツガイノハンシンオメガバース)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 佐倉井シオ
イラスト 白崎小夜
発売日 2017年7月19日
出版社 リブレ
レーベル B-BOY SLASH NOVELS
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-3399-8
定価 890円+税
あらすじ

大財閥「西國家」の二男の孝信は、優秀で眉目秀麗。彼を跡継ぎにという声もあとを絶たない。代々「優勢種」に統率されてきた西國家。孝信もそうだと思われていた。だが、幼なじみの勇吾に再会し、彼のたくましい身体に無理やり組み伏せられ甘い声をあげさせられた孝信は告げられる。「無明であるお前は、俺の種を植えつけられる宿命だ」二人は運命のつがいなのか…!? pixivノベルで不動の人気を誇る『つがいの掟』の著者、オメガバース最新作。

登場キャラ紹介

西國孝信
(サイゴクタカノブ)

24歳(Ω)。「鹿鳴館の華」とうたわれた母親によく似た美人。優秀な成績で士官学校を卒業後は海軍省務め。しかしオメガであることが発覚し、勇吾のつがいの相手として激しく求められついに…!?

 

成澤勇吾
(ナルサワユウゴ)

25歳(α)。父が西國家に仕えていたため、孝信の幼なじみとしてともに過ごすも、17歳の頃父親と西國家を離反。屋敷を去る前に、自分の気持ちを孝信にぶつけるが受け入れられず決別。偶然、海軍士官学校で再会。

編集部からのコメント

Pixivノベルで圧倒的な人気を誇るオメガバース作品「つがいの掟」。その話より一世代前の人々が主人公です。高貴で将校としても有望な青年が、幼なじみとはいえ元使用人の息子に組み敷かれる。そして自分が実はオメガだったという事実を、自らの体の変化で思い知ることになります。下剋上関係、その上アルファとオメガ。凌辱シチュエーションとしては申し分ない展開です。身体が本能にのまれ乱れ、身体を開き誘う「オメガ」の描写には、前作以上にドキドキさせられます♥

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます