HOME > 作品一覧 > や行 > やぎさん郵便

やぎさん郵便 (ヤギサンユウビン)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 草間さかえ
発売日 2012年9月3日
出版社 リブレ
レーベル CITRON COMICS
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-1180-4
定価 638円+税
あらすじ

返って来た本のページにまぎれていた恋文。宛名があるはずの1枚目は無く文末の署名は本を貸した友人の名。
その友人は急に東京を去るという。それは渡せなかった手紙の所為か…。

1通の恋文で人生を狂わされた4人の男。絡まりあう人間関係、点と点が線になる2巻。
「マッチ売り」続編の「やぎさん郵便」9話~17話までを収録。花城の気持ちを確かめたい廣瀬。すべてを知った澤。有原と花城、初めての対峙。

登場キャラ紹介

花城青司
(ハナシロセイジ)

出版社社長。飄々とした雰囲気を持つが本質は素直で男前。時折トンネルに立ち、誰彼関わらず関係していたが…?

 

廣瀬清高
(ヒロセキヨタカ)

大学生。手紙を返そうと故郷に帰る予定の友人を探している。お人よしで鈍感。人好きするまっすぐな心根の持ち主。


有原岑生
(アリハラミネオ)

男に騙され生活苦だったところを廣瀬に助けられる。廣瀬宛の恋文を澤に握られている。真面目で大人しく、被虐対象になりやすい。

 

澤 陣一郎
(サワジンイチロウ)

花城が社長を務める出版社で働く。男運が無く、常に殺伐としている。暇つぶしの感覚で無理矢理有原と関係をもつが…?

編集部からのコメント

廣瀬と花城が出会ってから四日目のこの日は、波乱含みの幕開けで…!?
入り乱れた4人の関係にも少し変化が見える「やぎさん郵便」。
人を好きになるとどうしたって平静じゃいられない、そんな4人4様の“らしくない”行動、葛藤に萌えてください。

関連作品

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます