HOME > 作品一覧 > や行 > やぎさん郵便 3

やぎさん郵便 3 (ヤギサンユウビン3)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 草間さかえ
発売日 2015年11月21日
出版社 リブレ
レーベル CITRON COMICS
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-2730-0
定価 638円+税
あらすじ

「マッチ売り」「やぎさん郵便」長期連載シリーズついに完結!!

1通の恋文で人生を狂わされた男たち…花城、廣瀬、有原、澤。
絡まり合った運命の糸は解かれ、それぞれのしあわせを見つける4人の未来は…。
花城と澤の出会いを描いた番外編「東京行進曲」と「やぎさん郵便」から数年後の後日談を大量描き下ろしで収録!

登場キャラ紹介

花城青司
(ハナシロセイジ)

出版社の若き社長。特殊な性癖を持つ淫乱なのだが、廣瀬と出会ってからめっきり一途に。

 

廣瀬清高
(ヒロセキヨタカ)

押しつけがましくない正義感で、周囲を和ませる天才。育ちが良いのを隠せない好青年。
年上の花城に恋をし、すっかりハマっている。


澤陣一郎
(サワジンイチロウ)

鬼畜なくらい強引に有原を手に入れたのだが、どうやってその思いを伝えたらいいかわからない。ある意味では不器用な人。

 

有原岑生
(アリハラミネオ)

廣瀬の大学の同窓生。まじめな性分で損をしがちだが、そのいたいけな雰囲気から周囲がつい手助けをしたくなってしまう面も。

編集部からのコメント

「マッチ売り」から足かけ10年、じっくりとえがき続けたシリーズが遂に完結しました。
BLランキングでも根強い人気を誇っているシリーズなので、終わってしまうのは寂しいですが、最終話では想像以上のすがすがしい達成感を味わっていただけます。
最終巻には花城と澤の出会い編「東京行進曲」に加え、描き下ろしの続編が28ページ収録されています。最終話から数年後、社会人となった有原と廣瀬がそれぞれの職場で活躍している様子は感動もの。
こうして彼らはずっと生き続けていくでしょう、これからも私たちの中で…!

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます