HOME > 作品一覧 > か行 > 噛めば噛むほど

噛めば噛むほど (カメバカムホド)

  • 試し読み
  • リブレ通販で買う
著者 清瀬ゆき
発売日 2014年12月10日
出版社 リブレ
レーベル BE×BOY COMICS DELUXE
ISBN/雑誌コード 978-4-7997-2458-3
定価 629円+税
あらすじ

祥行は一見普通の大学生だがほんとは吸血鬼なのだ!?(でも血を吸っても同族を増やすことはできない)。
親友の暁人には真実を告げ、度々血を飲ませてもらっている。(暁人やさし~♥)
太ももとかお腹とか、柔らかい部分にチュウチュウ吸いついていると、どうしてかいつもえっちになだれ込んじゃって…。
 
電子発コミックで大人気の「欲しいのはキミの血とエロいカラダ♥」にご先祖さまたちの切なく幸福なラブストーリーを描き下ろし収録しました!

登場キャラ紹介

祥行
(ヨシユキ)

一見普通の大学生だが実は吸血鬼。
現代の吸血鬼は献血の血液パックが主食。
親友の暁人に真実を話すと「ちょっとなら吸っていいぞ」と言われ、週に数回血液をいただいている。
ご飯も食べるが美味しいとは思わない。

 

暁人
(アキト)

祥行と同じ大学に通う学生。優しい性格で祥行がお腹をすかせているのを放っておけず、時々血をあげている。
でも不思議なことに、祥行に血を吸われるとなんだかムラムラしてきて、どうしてもHをしたくなっちゃう!


セシル

イギリス生まれの吸血鬼。一人さびしく生きる中で勉強ばかりしてきたので、いつしか膨大な知識を身につけ、日本政府からの強いオファーにより来日。
以来、日本で教鞭をとる。
ひょうひょうとした人物。

 


(イサミ)

京都で子供たちを教える私塾の教師。
ぎっくり腰で歩けないところを旅人のセシルに助けられ、以来セシルを居候させる。
普段はおっとりしたお人よしだが、酔っぱらうと絡む癖がある。

編集部からのコメント

一般の人と変わらない生活を送りながら、時々血を吸って生きる現代の吸血鬼くん。
混血を繰り返したため、血を吸われた相手が吸血鬼に変化してしまうことはなくて…。
ポップな現代版の吸血鬼モノ、読んでみたいと思っていませんでしたか!?
これ、そんな方に超おススメの1冊です♪
 
現代バージョンに加え、ぜひとも読んでいただきたいのは、明治時代を生きたご先祖様のお話。
一人ぼっちでさまよい生きたセシルというイギリス生まれの吸血鬼が、日本で大切なパートナーを見つける、というお話。
淡々としたセシルの感情が、親友となった日本人によって、ある日突然ドクドクと動き出す…とってもドラマチック♪
 
吸血鬼モノとしての一番の萌えどころは、何といっても「あなたの血が欲しい」=「なくてはならない存在としてあなたを愛してる」という激愛なところです♪
むふむふ♥

この作品を読んでる人はこの作品も読んでいます